神戸新聞読者クラブ【奥さま手帳】にて、淡路島3年とらふぐ美福鍋が紹介されました。

淡路島3年とらふぐ
南あわじ市の福良辺りは鳴門海峡が近く、ミネラル成分を多く含む好漁場。一般に2年で出荷されるふぐを、良い環境で3年かけてじっくり育てるブランドふぐ。一般的なふぐより身が大きく、肉厚で歯ごたえと味わい深さが楽しめる。

[絶景レストラン うずの丘]の美福鍋
鳴門海峡にかかる大鳴門橋と渦潮の絶景を楽しみながら、絶品とらふぐ鍋を予約なしで楽しめるぜいたくを!
淡路島3年とらふぐの白子を溶かし込んだスープで肉厚のふぐの身をしゃぶしゃぶにしたり、コラーゲンたっぷりのふぐ皮と身を淡路島レタスに包んで食べたり、さまざまな食感で味わいたい。締めはクリーミーで上品な味わいの雑炊にして楽しもう。

編集スタッフの皆様へ
この度は素敵な雑誌でご紹介いただき、ありがとうございました!