『いいね!』or『シェア』して頂けたら嬉しいです!

『淡路島3年とらふぐ』メニュー

淡路島3年とらふぐ

生産地は、南あわじ市 福良(ふくら)。むっちりした食感が3年ものの証。

海の幸に恵まれた淡路島の中でも、近年特に注目を集めているのが
南あわじ市 福良の「淡路島3年とらふぐ」

この一帯は、ミネラル成分を多く含む鳴門の潮流に影響を受けるため、理想的な漁場が旨いふぐを育てます。潮の流れが激しい鳴門海峡だからこそ身がしまり下関には負けません。

島の南端にあり鳴門海峡に面した福良湾で出荷され、世間で流通しているトラフグのほとんどが2年間育成された800gサイズ以下ですが、3年物のとらふぐは1年長く共食いなどのリスクを負いながら1.2kg以上に育てます。1.2kg以上になると養殖魚特有の黒いすじも消え、養殖と天然の肉質がわからないほど身がたっぷり と付き、歯ごたえ、コク深さともに段違い。天然のとらふぐと変わらない美味しいとらふぐになります。また白子は寒くなってくると、でっぷりと肥えた2年物では考えられないほどの大きさになります。

全国でとらふぐの養殖をしている中で、淡路島の福良湾が1番水温が低く、日本一潮の流れの早い鳴門海峡の近くで養殖しているので、身のしまりが良く味が濃厚になります。

関西でふぐと言えば、南あわじの福良!

ふぐのタンパク質は、イノシン酸やグリシンといった旨み成分であるアミノ酸をたっぷり含みます。そのため、身は超低脂肪でありながら淡白に偏らず、他の白身魚にはない独特の美味しさを持ちます。繊維質のため弾力が強く、生ではなかなか噛み切れないのも良く知られた特徴です。刺身が薄造りになっているのはこのためです。
通常、魚は、〆てから数時間がもっとも美味になるそうですが、ふぐについては筋肉中の旨み成分の量が増えるまで十数時間ほど置いておくのが良いとされています。毒があると知りながら太古より食され愛されてきたのは、その極上かつ豊かな旨みがあるからです。

 絶景レストラン うずの丘から、贅沢絶品鍋のご提案!淡路島3年とらふぐ美福鍋白子スープの雑炊付き

ご予約無しでもご注文いただける 7,500円、6,500円、5,500円、4,500円コース淡路島3年とらふぐ美福鍋コース 白子スープの雑炊付き

淡路島3年とらふぐ 美福鍋(みふくなべ) 7,500円コース

淡路島3年とらふぐ美福鍋 7,500円コース税抜

・ふぐ鍋(白子スープ、ふぐ盛、ふぐ皮、淡路島レタスと淡路島たまねぎ、ジュレポン酢、薬味)
・ふぐのにぎり寿司2貫(赤シャリ)
・ふぐ皮の酢物
・ふぐの内皮小鉢
・ふぐの唐揚げ2個
・てっさ4枚
・焼きふぐ2個(白ねぎ、椎茸、ポン酢)
・デザート
・白子スープの雑炊セット(ごはん、北坂たまご、薬味、香物)
・「淡路瓦」の箸置

※「淡路瓦」の箸置付き(ぜひ、お持ち帰りください。)

淡路島3年とらふぐ 美福鍋(みふくなべ) 6,500円コース

淡路島3年とらふぐ美福鍋 6,500円コース税抜

・ふぐ鍋(白子スープ、ふぐ盛、ふぐ皮、淡路島レタスと淡路島たまねぎ、ジュレポン酢、薬味)
・ふぐのにぎり寿司2貫(赤シャリ)
・ふぐ皮の酢物
・ふぐの内皮小鉢
・ふぐの唐揚げ2個
・てっさ4枚
・デザート
・白子スープの雑炊セット(ごはん、北坂たまご、薬味、香物)
・「淡路瓦」の箸置

※「淡路瓦」の箸置付き(ぜひ、お持ち帰りください。)

淡路島3年とらふぐ 美福鍋(みふくなべ) 5,500円コース

淡路島3年とらふぐ美福鍋 5,500円コース税抜

・ふぐ鍋(白子スープ、ふぐ盛、ふぐ皮、淡路島レタスと淡路島たまねぎ、ジュレポン酢、薬味)
・ふぐのにぎり寿司2貫(赤シャリ)
・ふぐ皮の酢物
・ふぐの内皮小鉢
・ふぐの唐揚げ2個
・白子スープの雑炊セット(ごはん、北坂たまご、薬味、香物)
・「淡路瓦」の箸置

※「淡路瓦」の箸置付き(ぜひ、お持ち帰りください。)

淡路島3年とらふぐ 美福鍋(みふくなべ) 4,500円コース

淡路島3年とらふぐ美福鍋 4,500円コース税抜

・ふぐ鍋(白子スープ、ふぐ盛、ふぐ皮、淡路島レタスと淡路島たまねぎ、ジュレポン酢、薬味)
・ふぐのにぎり寿司2貫(赤シャリ)
・ふぐ皮の酢物
・ふぐの内皮小鉢
・白子スープの雑炊セット(ごはん、北坂たまご、薬味、香物)
・「淡路瓦」の箸置

※「淡路瓦」の箸置付き(ぜひ、お持ち帰りください。)

※当店では「ふぐ」と記載があるものは、すべて淡路島3年とらふぐを使用しています。

 絶景レストラン うずの丘がご提案する『淡路島3年とらふぐ』を使用した贅沢絶品鍋 お品書き

白子スープの淡路島3年とらふぐ鍋

白子スープの淡路島3年とらふぐ鍋



ふぐの唐揚げ 2個(5,500円コースから)

てっさ 4枚(6,500円コースから)

焼きふぐ 2個(7,500円コースから)

淡路島3年とらふぐを使った新てっちり!美福鍋(みふくなべ)とは?

淡路島ならではの冬グルメ!
淡路島3年とらふぐの魅力を広めるべく、当店でも「美福鍋(みふくなべ)」というふぐ料理を提供しています。栄養価が高く低カロリー、「ふぐ」と「福」をかけて生まれた、南あわじでしか食べられない鍋。「主材料に淡路島3年とらふぐを使う」「コラーゲンたっぷりのふぐ皮を鍋の具材にする」など、7カ条を厳守すれば調理法や味付けは各店の個性まかせ。コースでは、この鍋以外にも多彩な淡路島3年とらふぐ料理が楽しめます。街なかよりもはるかにリーズナブルに、ふぐよろしく腹が膨らむまでふぐ三昧できるのは、漁港町ならではの僥倖(ぎょうこう)。

淡路島3年とらふぐ 三年生 二年生 一年生

一、主なるふぐに「淡路島3年とらふぐ」を用いる

一、主なるふぐに「淡路島3年とらふぐ」を用いる

その身のしまり、味の濃さは天然ものにも引けをとらないと自信あり!

二、「ふぐ皮」を鍋の具材に登用

二、「ふぐ皮」を鍋の具材に登用

ふぐ皮=コラーゲン=美肌効果!
美肌効果の高いコラーゲンが出汁に溶け込みます。

三、淡路島産レタスを投入

三、淡路島産レタスを投入

「鍋にレタス?」島民もびっくりの新たな食感に驚いてほしい。
のせて、包んでパクっ!しゃぶしゃぶにすれば丸まる一個は食べられそう!

四、ダシにもこだわりの地酒

四、ダシにもこだわりの地酒

淡路島で大切に仕込まれた地酒。ダシに艶が増します。

五、ひと手間かけた「自家製ポン酢ジュレ」を用いる

五、ひと手間かけた「自家製ポン酢ジュレ」を用いる

定番のポン酢に加え、「タレをのせて食す」新たな鍋の提案。

六、鍋のシメは「淡路島の米」

六、鍋のシメは「淡路島の米」

鍋の中は旨みの宝庫。島の米で絡めて食す。

七、箸置きには「淡路瓦」

七、箸置きには「淡路瓦」

四百年の歴史がそっと見守る宴…箸を使い終えたらお土産に。

淡路島3年とらふぐ 一品メニュー

  • ひれ酒ひれ酒 800円税抜

  • にぎり鮨(赤シャリ)5貫にぎり鮨(赤シャリ)5貫 1,700円税抜

  • てっさてっさ 6枚 1,700円税抜

  • 唐揚げ唐揚げ 3個 1,800円税抜

  • 焼身焼身 3個 2,000円税抜

  • 焼白子焼白子 2個 2,000円税抜
    ※入荷が無い場合がございます。

  • てっちり追加盛りてっちり追加盛り 3,500円税抜

絶景レストランうずの丘 |淡路島の旬食材を最大限に活かしたランチメニュー | ランチメニュー一覧はこちら

皆様のご来店をお待ちしております!!

▲ ページの最初に戻る ▲